田中一村ホームページ
田中一村との出会い

右上のバナー広告は「オリンパス梶vです。掲載理由は、創業者が奄美大島出身者であることと、田中一村さんが愛用した二眼レフカメラがオリンパス製品だったということで掲載しています。

オリンパスのカメラ

 

田中一村との出会い

 確か、昭和56年頃だったと記憶しています。知人の方の紹介で一村と交流のあった宮崎鐵太郎・富子さんご夫妻と知りあい、宮崎さんの経営していた「奄美焼」に出入りするようになりました。(現在の名瀬徳洲会病院の東側)どちらかというと、陶芸よりも絵の方を得意とする私にとって、奄美焼の世界は、なにがなんだかわからない空間でした。
一村のことは前から聞いてはいたがよくわからなかった。

奄美焼に通う回数が増えるたびに一村の魅力に引きずり込まれていく自分を感じていた。それもそのはずで、陶芸よりも絵を描くほうが好きな私にとって、会ったことのない一村の魅力がだんだん沸いてくるのである。

 しかし、当時から宮崎さんのところへは、様々な取材があり、お二人ともいささかまいっていたようで、仕事が手に付かない事へのいらだちがあったと思います。

 20代の私にとっての目標は、「財閥」だったので、なんでもいいからお金にさえなればいいわけで、一村の本を書くと有名になり、お金もたくさん入ってくる。(印税財閥を考えていた)そう考えると頭の中は、毎日が一獲千金のごとくであった・・・・・。

 そんなある日のこと、南日本新聞社が昭和62年(1985年)5月25日土曜日〜9月26日木曜日までに50回の連載をしました。この連載は某出版社から発売になり現在は小学館から「アダンの画帖」として平成7年(1995年4月1日第一版第一版発行1,500円(消費税3%での金額)で出版、一村に関する連載がでたことによって「自分には到底出来ない事である」ということを自覚することができただけでも自分にとってはいい教訓になった。

 そして、ある日の事、信じられない物を見せてもらう日がやってきた。あれは、確か、少し肌寒い頃だったと思う(たぶん2月ごろではないか)。

富子さんが「基さん、ここに来てごらん」と、言われて行く手を見ると、今まで倉庫だと思っていたドアから入ってビックリ!!。
なんと、炬燵があり、ちょっとした小部屋になっているではないか。
「いったいこれはなんなんだ・・・」それもそのはずで、通い始めて2年以上がたっていたのだから・・・。

 そして、そこで見せてもらった物は、national/panasonicの海外向けのカレンダーでかなり大きいサイズ(新聞の見開き程の大きさと記憶しています)でした。

一村が、トカラ列島で撮影したというソテツの白黒写真。たぶん、プロカメラマンの皆さんが見たら全員ひっくり返ると思います。

天井絵(たぶんポラロイド写真と記憶しています)の写真なんですが、薬草など48種類の写真で、たぶん、「アダンの画帖」の80ページの天井絵ではないかと思われる。

一村の葬儀・告別式の写真、その他は記憶にありません。これだけの物がまだ一般には公開されていません。

 もうひとつ、これは以前から聞いていましたし、見てもいたのですが、奄美焼で焼いたツボに、富子さんが、一村に頼んで水彩絵の具で描いてもらった花の絵(富子さん曰く、「一村さんは、水彩絵の具で描くのは初めてでしょうね」と)
 これだけの物は、ほとんどの方がみていないはずです。

いつの日か、皆さまの前にご覧戴ける日がくることを望んではいます。

 ちょうどそのころ、宮崎さんにお願いをした事があります。ある団体の方が、一村の話を聞きたいというので、翌日、単車を走らせ奄美焼に急ぎ、その事を話すと、宮崎さん曰く、「基さんが話しなさい、私は全部話しましたから・・・」と、「えっ!・・・・・・」絶句した。

たぶん、26歳の私は、青天の霹靂というか・・・なんというか・・・・・。

 あれから、十数年という歳月が一瞬にして流れていき、現代社会は、インターネットというシステムで動こうとしています。

一村ファンの方にはこのリアルタイムなシステムを使い随時、出版された3冊の本にはない話を提供していきたいと考えています。



楽天市場
ブランドipodダイエットマリンスポーツ旅行グッズネイルケアジュース和食器ビール 焼酎美味しい水タオル・バスグッズ自転車プリザーブドフラワーガーデニングドッグフードキャットフードドッグキャットサッカーキッズメイクアップ香水レディースジュエリーレディース靴レディース時計レディースファッションメンズジュエリーメンズ時計メンズファッションスニーカーデジタルライト・照明収納家具 |ファッション雑貨・小物 | ソファ | ベッド |つり具 |dvd |cd|テレビ|ノートpc |dvdレコーダー|etc | トラベル | 本屋



(c) 奄美大島観光ガイド

ツアーの案内

奄美大嶋観光ガイド
〒894-0035
鹿児島県奄美市
名瀬塩浜町13-22-203
Tel 070 - 7640 - 6770
Fax 0997-54-4831
営業時間8時〜19時
年中無休

会社案内

いいメール