奄美大嶋観光ガイド

金作原原生林       

ここが、金作原原生林の入り口です。

金作原鳥蝶植歩ツアー

きんさくばるちょうちょうしょほつあー

驚くほど凄い原生林はどう?

金作原は奄美大島を代表する原生林です。
野鳥が飛び交い、蝶が舞い、蘭がひっそり咲いている。
散策をしていると、新しい発見があります。
常に貴方の五感が刺激されます。「アッ、あそこにある・・・。」
簡単に見つけることのできる、ポイントを抑えながら歩きます。
各所で気がつく自然散策は、感動の連続です。
「えっ、自然散策って、こんなに面白いの・・・。」
驚きの連続が貴方を待っています。

奄美大島を代表する原生林、金作原原生林をご案内しています。
動植物の説明をしています。
実は違うのです。
弊社は、動植物の説明よりも、観察力、洞察力、散策力をつけるツアーです。

どこを観れば動植物を観ることができるのか。
簡単な方法で多くの野鳥、蝶、植物を見ることができる人になっていただきたいのです。

お子さんでも、お年寄りの方でも安心して原生林を散策して頂けます。
足元は大丈夫ですよ。3時間のコースですが歩くのは、約1時間もあるでしょうか。
それでいいのです。歩くことは観察力を衰えさせる行動なのです。
信じられないかもしれませんが。

今までに体験したことのないガイドです。お客様が意外性を感じていらっしゃいます。
「このようなガイドは初めて・・・。」それもそのはずです。私がガイドを始めた頃は動植物の説明をするのがガイドの仕事だと思っていました。
それは違う。ということに気が付きました。
少しだけサバイバルで、少しだけ動植物の説明があります。
ポイントは、野鳥のスピードを一瞬で捉える。蝶の動きを予測する。「ここを見たら蘭があります・・・よ・・・。」

実は、あそこに咲いてる蘭は、誰もが気がつかない。と思います。
どこにでもありそうで、なさそうな、独特な自然散策は、ユニークだから新しい発見の連続です。

次の旅行に役立つ自然散策を、プロやマニアが大好きな奄美大島の原生林である金作原で体験していただけます。


天然記念物オオトラツグミ

ツアーの内容は、こんな感じです

電話でのご予約有難うございました。
金作原鳥蝶植歩ツアーと書いて、「きんさくばるちょうちょうしょほつあー」と読みます。
奄美市名瀬から車で約1時間走りました。途中で植物や野鳥を何度か見ることが出来ましたね。
この一時間が原生林散策で役に立ちますよ。

到着しました。 車の周りを見て下さい。あれがクワズイモです。あらためて見ると大きいですね。
そろそろ歩きましょうか。

アッ、ルリカケスがいらっしゃいませ~。とは言わないですかね。ギャーギャーと鳴いている(笑)。

あそこにあるのが蘭ですよ。誰も気が付かないですよね。ここを見て下さい。通りすぎてしまうような場所に、ユウコクランが咲いていますよ。 ここがポイントなんです。簡単に植物を見つけ出す方法は・・・。

先程のクワズイモですが、普通はこのような大きな葉っぱに目が行きますね。上をご覧ください。あれがヒカゲヘゴですよ。

誰もが大きい葉っぱに気を取られるから先ほどの蘭が見えないのですね・・・。ここにもありますよ蘭が・・・。あれは、カゴメランです。

時には、デジタルカメラかビデオで撮影しましょうか。ヒカゲヘゴの足元で写真を撮りましょうか。どうでしたか、大きな葉っぱに惑わされずに簡単に蘭を見つけたり写真を撮ったり、野鳥の声が聞こえてきましたね。あれがモンキアゲハです。モンキーアゲハというと猿が飛んでる。と聞こえますよね(笑)。ここは滑舌よく話し、聞き間違いのないように。
あれは本土から渡ってくるアサギマダラですよ。

車で往復2時間と散策が1時間でしたが、このツアーを体験すると簡単に動植物を探すことができますね。

極力、双眼鏡を使わずに散策しましたね。次の旅行に役立つツアーですよ。

明日からは、自然散策が楽しくなる人生がまっています。あるいは、物の見方が変わってきたので、発想力や誰もが気が付かないようなことを仕事や遊びで役立つことと思います。

もしかしてだけれども、女性の方は、お料理やお化粧にも今迄になかった貴方の本能が目覚めますよ。

このように、金作原原生林へ、御案内しています。

■ツアーのご案内

お一人様から出発いたします。
出発時間 9時と1時30分
所要時間 約3時間
2時間が移動時間。1時間が散策時間
料  金 お一人様4,000円

もしもし 070 - 7640 - 6770

いいメール

※オプショナルツアー
金作原原生林ツアー後に、昼食(個人負担)。
午後から臨機応変ツアーをプラスすることが出来ます。
例えば、奄美空港に移動する場合には、途中の龍郷町や奄美市笠利町のアヤマル岬や某農園などを御案内いたします。

あるいは、南部の瀬戸内町の観光ガイドや加計呂麻島へ移動する場合には、周辺の観光情報なども車中でお話しています。