奄美大嶋観光ガイド

2004年の金作原鳥蝶植歩ツアー

2004年 金作原鳥蝶植歩ツアー気まぐれ日記

サクラツツジ1月1日
サクラツツジ
奄美大島の冬の山々に咲いている白色と桃色の花が綺麗です。
キノコ1月8日
名前のわからないキノコ
キノコ1月21日
名前のわからないキノコ
リュウキュウルリミノキ1月25日
リュキュウルリミノキ
宝石のような実がとってもきれいです。
2月3日午前中には、誰かが、採取していました。このようなことはしないでください。
フウトウカズラ2月3日
フウトウカズラ
今日は、ズアカアオバトを見ることが出来ました。
2月7日
今日は、寒く、曇り空でした。金作原鳥蝶植歩ツアーの途中で、天然記念物の「アカヒゲ」を見ることが出来ました。この他、ズアカアオバトやサクラツツジ、フウトウカズラ、イイギリの赤い実を見ることが出来ました。
リュウキュウバライチゴ2月下旬
リュウキュウバライチゴ
赤い実が美味しいのですが、今年は、まだ、食べていない。残念。
2月下旬
名瀬市開発公社は、水たまりに水がたまらないようにということで、作業をしていましたが、ここにトンボが卵を産みにくるということを知らないのでしょうね。自動車が通りにくいという理由でしょうが、行政が自然を全く分かっていない。情けない。
クマネズミ3月6日
クマネズミ

しっぽが傷ついていて、元気がないようでした。ケナガネズミだと思ったのに・・・。(笑)
 

3月7日
リュウキュウウマノスズクサ
この時期、海岸線や、山々に咲いています。ところで、リュウキュウ・・・と名前が付いていますが、沖縄の物とは、違うという方もいらっしゃいます。

タブノキ3月13日
タブノキ
遠くから観ると、花が咲いているように見えるので綺麗です。これが、葉に変わっていきます。
3月14日
サクラツツジ
そろそろ、サクラツツジの季節も終わろうとしています。が、金作原へ行く途中で、見かけました。
3月16日
ヤナギイチゴ
黄色いイチゴで、とっても小さいです。金作原鳥蝶植歩ツアーの途中で、見つけました。とっても・・・かったです。
4月3日
ギンリョウソウ
3月頃から、白色で、ロウソクで作った龍のように地中から顔を出しています。探すのは簡単です。
4月3日
アマシバ
今年は、昨年に比べ寒かったので、開花時期が一ヶ月くらい遅かったように思います。とっても綺麗ないい香りの花です。田中一村も描いています。
4月30日
道路の草刈りを、名瀬市開発公社が行っているのですが、これによって、ありとあらゆる植物が問答無用で丸刈りにされています。その後・・・。
4月30日
左の写真の用に刈られた植物達は、投棄した冷蔵庫や運動器具を隠すために捨てられています。これが行政のやる仕事でしょうか。情けない。
4月30日
カクチョウラン
 

ツアーのご案内
お1人様 4,000円
約3時間〔移動が約2時間と約1時間のウォーキング〕
自動マッサージ付

奄美市名瀬市内発・午前9時と13時30分出発・雨天決行

■電話でお申し込む
電話070 - 7640 - 6770

詳しく知りたい、お客様は、下記の「いいメール」から、お問い合わせください。

メールで申し込む



奄美大島への観光は上記のJALバナー広告をクリックしてください。
できることなら、奄美市名瀬のホテルを選択していただければ幸いです。理由は、広い面積なので移動時間がかかります。
安近短な手軽な観光でマニアックだけれど楽しい思い出と、次の旅行に役立つ散策方法を体験してください。

奄美大島の自然観察図鑑
奄美の絶滅危惧植物
琉球弧・野山の花―From Amami
昆虫の図鑑採集と標本の作り方―野山の宝石たち
貝の図鑑―採集と標本の作り方
野生植物食用図鑑―南九州-琉球の草木