奄美大島観光 / 金作原鳥蝶植歩ツアー / 黒糖焼酎 / 田中一村 / ダイビング / 奄美電脳舎ネットショップ / パソコンは必ず故障する / 天気予報 / もの物インターネットショッピング / インターネット旅行

奄美大島へ出発する前に・・・。

・デジタルカメラをご使用のお客様へ
デジカメ使用の場合には、マニュアルから、露出補正とホワイトバランスを使いこなすように練習をしてください。
オ ートでの撮影の場合に、暗く写る場合があります。せっかくの旅行ですので、もう一度、露出補正とホワイトバランスの操作を覚えましょう。

・露出補正(画像の明るさ)
・ホワイトバランス(画像の色合いを調整)

※デジカメをお持ちでない方は、携帯電話のカメラでも練習してください。綺麗な写真が撮れるようになります。

奄美大島に持っていく物
奄美大島旅行の思い出をデジカメでパチリ!!

オリンパスのカメラ




反省泣く、奄美群島日本復帰50周年

 本日(平成15年12月25日)、奄美群島は、日本復帰50周年(昭和28年に返還)になります。小笠原諸島や沖縄の返還は記憶にあっても、「奄美群島の日本復帰」と言っても、全国的に誰もわからないという、笑い話である。これには、大きな理由がある。奄美大島は、本州から数えて、7番目に広い面積であるにもかかわらず、未だに、知名度が低いという現状があるのだ。

また、地理的にも、鹿児島と沖縄の中間に位置している関係で、鹿児島県なのか沖縄県なのか知らない人が多いと言うこと。
 歴史的には、「すごい」としかいいようがないくらいの歴史がありながら誰もわからない。 さて、行政による『奄美群島日本復帰50周年』は、復帰運動をした人たちが、政治家になり、行政の仕事をして、奄美群島を無茶苦茶にしておきながら、反省もなく、まだ、土木事業という税金(実際は、税金と国債という借金)てしか経済を維持できないという現状を情けないと考えもしない。 さて、ここで、現状を考える。

1.日本復帰は、奄美群島民の努力だと勘違いをしていると言うこと。奄美群島が復帰した最大の理由は、特に、奄美大島が、軍事目的に利用できないということがあるのだ。

その証拠に、沖縄には、あれだけの軍事施設があるということを考えれば分かることである。奄美大島は、山ばかりの島なので滑走路を建設できない。ところが、沖縄は平地があるので、滑走路建設に莫大な予算がかからない。

2.復帰後に、奄美群島振興開発特別措置法で、今までに、約2兆円という税金が使われたわけだが、これが自然破壊予算(ほとんどが、土木予算)となり、奄美大島の自然は、無茶苦茶にさせられた。ということは、自然破壊そっちのけで観光客を呼ぶために、世界遺産への登録をしようと真剣に考えている(今年は、却下された、当然の事)、奄美大島の自然に行かない人達が言っている。

机上の論理を自然に持っていくな、仕事もなにもかもが、現場主義ということをわかっていない。
 ちなみに観光業者で、「奄美大島を世界遺産に」という考えがあれば、その業者は、なんちゃって観光ガイド屋。

3.奄美群島振興開発特別措置法は、土木事業がほとんどで、この予算が、自民党に投票して頂けるようにするための、実は買収資金になっている。(日本の経済は、公務員に対する、過剰な給料とゼネコン業社に対する買収経済)ソフト事業とは言うものの微々たる予算になっている。

なぜ、政治家は、この予算に躍起になるかというと、最終的には、この予算の人件費以外のお金が、本土企業に帰っていくからである。これでは、地元は潤わない。
また、現実問題としては、間違っても、地元で地元の材料は確保できない。
4.確かに、港湾、空港が出来たことによって、鹿児島、沖縄、大阪、東京に行きやすくなったのは確かだが、観光客は、増えていない。土木事業をやることと、経済効果の相乗効果を全く考えていない。

5.いったいなにを最終目的としていいのか、政治家、行政がまったく分かっていない。市町村統廃合の問題でも、平成元年あたりから、シミュレーションがあったにも拘わらず、だれも、そのことに着手していなかった。

経済的に、給料等が保証されているのと、選挙の際には、役場が、首長や議員さんの大票田になるので、嫌われることは、絶対に言わない。

つまり、行け行け、やれやれで道路を造ったおかげで、移動が簡単になったが、観光客は、素通りするだけで、途中トイレに行くだけで缶コーヒーすら買わない。という現状がある。

地域にお金を落としてもらうための考えがない。なぜかというと、政治家へのリベートが観光業者から入ってこない。選挙になると、投票はするだろうが、自分に投票するという保証はない。楽をして当選するためには、土建業者と組んだ方が楽、仕事も楽。という現実には勝てない。

これでは、地域は、次々に疲弊していく一方で、特に、奄美大島のように、知名度がないような所、あるいは離島には、お金が落ちない理由がある。

6.もっと問題なのは、こういった、政治家・行政におんぶにだっこをしてもらって、キッスまであるから努力をしない。『悪貨が良貨を駆逐する』という現実が、努力をする人、全員のやる気をそいでいる。

利口な人は、奄美大島ではなく、関東・関西で活躍した方が、動きが俊敏にできる。国内外に素早く移動できる。電話、ポットベル、携帯電話、光ファイバーの普及は、奄美大島は一番最後になるので、素早い動きが出来ない。
時代遅れになっていく。情報は、東京から、あるいは大阪から発信されるので、自分の努力次第でどうにでもなる。
 しかし、奄美大島では、努力している人が少ない。経済力、情報がない、人材がいない。こういう状況では、やる気をそがれる前に、奄美大島が範疇にない。これが、最大の致命傷になっている。

洋服、食品、これからも大企業に利益を持って行かれて、地元の金融機関には金がない。常に、人件費以外のお金は落ちないという現実がある。
 ここで、便利貧乏をしているということに全く気が付いていない。この20年だけでも、計算できないくらいのお金が流れて行っている。

7.評論家の竹村健一氏は、約20年前の講演会で、「東京から奄美大島まで、約3〜4時間かかった。」(当時は、東京から鹿児島間はジェット機で、鹿児島からYS-11)「和歌山などは、もっと時間がかかるのだから」、東京・奄美大島間は近いんだという盲点をつかれた。こういった、基本的な事が今でも、認識していないのではないでょうか。

8.公務員という、お金を稼げない仕事をしている人が、高給を平然として貰い、失業もないと言う。また、政治家が、政党助成金を貰い、献金を貰っているのではいい政治が出来るわけがない。自腹を切る政治家が、まず、1人は出てきてほしいものである。

 さて、あっという間の復帰50年という歴史があるわけだが、『反省泣き』前進をしている。では、来年 (2004年)からは、どういったイベントをするのだろうか。天皇陛下が来ればいいのであろうか。お祭り騒ぎでいいのであろうか。これで、子供達に対する教育になるのだろうか。

私たちが、子孫に残さなければいけないのは、いつでも会える大自然だし、残してはいけないのは返しきれない負債ではないだろうか。今、これが、完全に逆転している。
今一度考え直してみたいと思います。

「水は山おかげ、人は世間おかげ」 という奄美大島の方言がある。島民全員が忘れているのではないだろうか。
この奄美大島で、一度、すべてをリセットした自分自身と対面する事が大事なのでないだろうか。

2004年8月2日
奄美大島の問題点

■大和村では、無駄なダム建設が進行中
■住用村戸玉(すみようそん・とだま)集落では、山が崩れだしている。予想通り、鹿児島県は、砂防ダムを建設しようとしている。
■外来種の駆除が進んでいない。たとえば、マングースや外来種の植物。
■名瀬市開発公社は、金作原へ行く途中の水たまりを車が走りにいくいという理由から、ジャリで埋めている。トンボは何処へ行けばいいのだろうか。トンボが居るから自然なのに・・・。
■動物と人間との共生という、言葉は綺麗が無理なことを平気(兵器・機械で壊している)で言(壊しに行っている)っている 。という洒落にならない状態である。

■奄美大島・市町村の合併状況

奄美大島地区合併協議会ホームページ
市町村が合併 笠利町 名瀬市 住用村 
奄美市ホームページ(旧名瀬市、旧笠利町、旧住用村)
2005年1月から、各市町村では、合併に関する住民説明会が行われているが、出席者は少ない。
各市町村民が無関心であると言うことと、行政や政治家に対して期待していない。

また、公務員経済状況で、公務員の批判が表に出ることがない。それはともかく、財源となる収入が全くと言っていいくらい、皆無状態である中で、名瀬市の商店街を解体しようとしている。

これでは、商店街の経済効果がなく、瀕死の重体という経済を益々、疲弊していく状況にある。が、土木事業に益々、税金を使い、収入につながる事が考えられていない。

単独龍郷町 瀬戸内町 宇検村 大和村 (2005年2月離脱表明)
単独での生き残りをかけている両町だが、見通しは暗い。特に、瀬戸内町は、産業がなく、単独で生き残るには、町職員の極端な減給と人員削減を実行しないがぎりありえない。
 また、それを実行したところで、抜本的な解決にはならない。




奄美自然本の紹介・ブログ

山下弘写真ギャラリー・わだつみ館
奄美の植物絶滅植物

奄美大島の植物の基本書。大きな写真と大きめの活字で読みやすいからわかりやすい。
ホームページ

その他


奄美島唄CD販売・奄美特産品販売

奄美島唄CDコレクション
奄美島唄CDの購入と情報。
もっと詳しく・・・
奄美大島の健康市場
奄美大島の鶏飯、タンカン、ハブ製品を購入出来ます。
もっと詳しく・・・


その他

楽天市場

ブランドiPodダイエットマリンスポーツ旅行グッズネイルケアジュース和食器ビール 焼酎美味しい水タオル・バスグッズ自転車プリザーブドフラワーガーデニングドッグフードキャットフードドッグキャットサッカーキッズメイクアップ香水レディースジュエリーレディース靴レディース時計 レディースファッションメンズジュエリーメンズ時計メンズファッションスニーカーデジタルライト・照明収納家具 |ファッション雑貨・小物 | ソファ | ベッド |つり具 |DVD |CD | テレビ | ノートPC |DVDレコーダー | ETC | トラベル | 本屋  



奄美大島情報

奄美大島の地図

その他

・奄美大島ブログ
・お墓掃除お墓参り代行
・宝くじ当てるぞ研究所


基武雄のコーナー

・ユニークなキャラクター達
僕たちは金久中学校で超個性的な先生達に教育された。主人公は、竹中直人と同じキャラクターの先生が教育を勉強を。そして人生を教えてくれた。それが大人になっても僕たちの人生で役立っている。ここに、日本教育の原点と現実があった。
・徳田虎雄先生との正しいお付き合いと理解の方法講座
・基武雄の独立開業講座
・基武雄の人生劇場
・笑えティコンテンツ

金久中真潮会

旅行に行こう

リンク集

・奄美観光バス
・(株)南西フロンティア
・サウスアイランド屋久島
・清風情報工科学院


奄美大島モバイル


15分で節約1年分 チューリッヒの自動車保険
「価格.com自動車保険」
Dear woman カーグッズ

音楽

HMV ONLINE

ソニー・ミュージック ショップ

アマゾン・ベストセラー

ネットショップ

奄美大島電脳書店
男達の玩具市場
NHKビジネス展望の出演者書籍購入ガイド
小説・マンガ・写真集!電子書店パピレスで、本をパソコンにダウンロード!


ビジネス

ブラザーダイレクトクラブ


インプルーブ
独立開業講座



自由経済研究所
公会計研究所
独立開業サポート
講演会詳細


奄美大島観光ガイド

〒894-0035
鹿児島県奄美市
名瀬塩浜町13-22-203
Tel 070 - 7640 - 6770
Fax 0997-54-4831 
営業時間8時〜20時
年中無休
会社案内
いいメール
リンクフリー
Since 2000/06/25